「青少年育成に係る若手指導者養成奨学金制度」発足のお知らせ

五井平和財団はこれまでも青少年教育に力を入れてきましたが、この度、スポーツ・芸術の分野で青少年の育成を担う若手指導者養成のための奨学金制度を発足することとなり、内閣府から正式に認可を受けました。

日本国籍(永住権可)を有し、スポーツ・芸術の分野で青少年育成に係る指導者を目指す40歳以下の若手指導者を対象に、指導者としての知識や能力を身につける研鑽活動への経済的援助を行います。

この事業を通じて、青少年が心身ともに健全で、それぞれの持てる能力や創造性を発揮し、いきいきと尊厳をもって活躍できる豊かな社会づくりを目指すものです。詳細は下記の応募要項をご確認ください。

2019年度の募集は、終了しました。
1次選考の合格者については、9月20日頃までに面接を行い、9月末日までに結果を通知します。
選考の結果に関する問い合わせは、受け付けておりません。

応募要項はこちらから

ダウンロード

特別奨学生申込書
一般奨学生申込書

なお、本事業は、奨学制度に用途を限定された特別寄付金を基金として創設されたものであり、賛助会費ならびに青少年教育募金等の充当は行わず、また、本奨学金への新たなご寄付の募集も行いません。