財団について
生命憲章
活動紹介
活動紹介 公益財団法人 五井平和財団
賛助会員制度 ホームENGLISH
CS放送番組頒布品カタログ事務局だよりメールマガジンピースフレンズ活動コーナーリンクサイトマップ当サイトの運営方針連絡先
活動ニュース・アーカイブ
   
2015年7月
2015年度「五井平和賞」リン・ツイスト氏が受賞
 
 
 
Lynne Twist

  五井平和財団では「五井平和賞」を設け、教育・科学・文化・芸術等の分野から、地球と人類の未来に真の平和と調和をもたらす上で顕著な功績があり、『生命憲章』の理念原則と同じ方向性を持つ個人や団体を顕彰しています。
  2015年度「五井平和賞」は、厳正な審査の結果、社会活動家、ファンドレイザー(資金調達の専門家)、著述家、コンサルタントとして、貧困と飢餓の撲滅、社会的公正と環境保護に貢献してきたリン・ツイスト氏に決定しました。
   授賞式および受賞記念講演は、12月1日(火)に開催された2015年度五井平和財団フォーラムにおいて執り行われました。

受賞記念講演

■授賞理由
  リン・ツイスト氏は、世界的な社会活動家、ファンドレイザーとしての豊富な経験と深い洞察から、お金と人間の関係ついて新たな見識を得ました。
  そして、人々が人生における真の価値と尊厳を見出し、お金に支配されるのではなく、お金を正しく使うことで自他が共に幸せになり社会に寄与する生き方ができるよう、意識変革に取り組んできました。
  また、貪欲な経済活動と所有欲が引き起こしている地球環境問題や不平等な分配等の課題を根本から解決する方法として、社会システムの経済至上主義からの転換を訴え、人々の意識啓発とエンパワメントを目的とする活動を続けてきました。
  人々の人生観、世界観に変容をもたらすことにより、すべての人々にとって真に豊かな公正且つ持続可能な世界の実現をめざす、ツイスト氏の長年の社会啓発活動とその功績に対し、五井平和賞を授与するものです。

<リン・ツイスト(Lynne Twist)プロフィール>
米国生まれ。1977年から世界の飢餓撲滅を掲げる非営利団体ハンガープロジェクトにファンドレイザーとして関わり、20年間に亘って組織を指導。2億ドル(約200億円)を超える資金を調達する。1996年エクアドルの先住民アチュア族との出会いから、パチャママ(母なる大地の意)・アライアンスを夫のビル・ツイスト氏とともに創設。先住民の自立支援とアマゾンの環境保護に取り組む一方、公正で持続可能な世界の実現に向けた啓発活動をグローバルに展開。2003年に長年の活動による深い洞察をまとめた著書「The Soul of Money(邦題:ソウル・オブ・マネー)」を出版。同年、ソウル・オブ・マネー・インスティチュートを設立し、人や組織がお金との調和した関係を築くための教育や支援を行っている。飢餓撲滅への功績に対し「国連Women of Distinction」賞受賞。ほか受賞多数。現在、The Institute of Noetic Sciencesはじめ4つの機関の理事、Global Youth Action Networkなど10団体の顧問を務める。

2015年度選考委員

委員長

佐藤 禎一

東京国立博物館名誉館長・元ユネスコ特命全権大使

 

明石 康

国際文化会館理事長・元国連事務次長

 

有馬 朗人

日本科学技術振興財団会長・物理学者・元文部大臣

 

近衞 忠W

日本赤十字社社長

 

西園寺昌美

五井平和財団会長

 

田坂 広志

多摩大学大学院教授・シンクタンク・ソフィアバンク代表

 

村上 和雄

筑波大学名誉教授・国際科学振興財団バイオ研究所所長

 
   
  Back