五井平和財団は、国連経済社会理事会(ECOSOC)の特殊協議資格を有するNGOです。また、ユネスコ(国連教育科学文化機関)との公式関係を有する財団として認定されています。国連の関係機関やその他の国際組織と協力し、平和構築を目的とした様々な共同事業を展開しています。

これまでの主な共同事業

ESD に関するユネスコ世界会議「ユース・コンファレンス」

2014年11月に日本で開催された「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」の一環として「ユネスコESD ユース・コンファレンス」をユネスコ・文部科学省等と共催しました。

詳しくはこちら

ユネスコ・ユースフォーラム

ユネスコの主要パートナーとして、ユネスコ本部で開催された第7回ユネスコ・ユースフォーラム(2011年)および第8回ユネスコ・ユースフォーラム(2013年)に参加し、カルチャーイベントなどのプログラム企画制作に協力しました。ユネスコ・ユースフォーラムは、各年に開催されるユネスコ総会の一部に位置づけられており、世界の若者が様々な課題に関して活発に議論し、解決策を探る機会です。

第7回ユネスコ・ユースフォーラムの報告
第8回ユネスコ・ユースフォーラムの報告

国連特別行事

2013年2月14日、国連総会議長の主催により、ニューヨーク国連本部の総会議場にて、「United for a Culture of Peace Through Interfaith Harmony(宗教間の調和を通じた平和の文化のための結束)」という行事が開催され、五井平和財団は、姉妹団体であるワールド・プレヤー・ソサエティと共に本行事を後援し、プログラムの企画・遂行に協力しました。

国連特別行事の報告

国連「国際平和デー」教育プログラム

国連が定めた「国際平和デー」(9月21日)を記念して、青少年に国連の活動や平和について学んでもらう目的で、国連広報センターとの共催で、「国際平和デー・教育プログラム」を実施しました。2003年~2005年の3年間で、延べ235校、98,000名におよぶ児童生徒が参加しました。
また、当財団が主催する地球っ子広場では、毎年「国際平和デー」にちなんだ活動に取り組んでいます。

「国際エコツーリズム年」記念シンポジウム

2002年7月、国連が定めた「国際エコツーリズム年」を記念し、国連広報センターとの共催で、「地球を体験し、地球を守る新しい旅」と題したシンポジウムを国連大学ウ・タント国際会議場にて開催。また、UNギャラリーにて、国内外におけるエコツーリズム活動のパネル展示を行いました。

「平和の文化」創造のための2000年祭

2000年9月、東京の日本武道館において、ユネスコが指定する「平和の文化国際年」記念行事として、「平和の文化」創造のための2000年祭を開催しました。87カ国の駐日大使をはじめ、文化、芸術、科学、教育、経済界、官界、政界など各界のオピニオンリーダーを含む国内外からの出席者約1万人が、高円宮同妃両殿下ご臨席のもと、世界各国の平和を祈るフラッグセレモニーなどを行いました。

「平和の文化」創造のための2000年祭の報告

その他、平和の式典の共催など、協力関係のある国際機関

  • 国連広報局(UN DPI)
  • 国連ナイロビ事務局(UNON)
  • 国際原子力機関(IAEA)
  • 国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)
  • 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)
  • 国連大学(UNU)
  • 国連労働機関(ILO)
  • 世界保健機構(WHO)
  • 世界銀行
  • 国際通貨基金(IMF)
  • 世界貿易機関(WTO)
  • アセアン(東南アジア諸国連合)
  • 南アジア地域協力機構(SAARC)
  • 太平洋諸島フォーラム(PIF)
  • 米州機構(OAS)
  • アンデス共同体(CAN)
  • 独立国家共同体(CIS)
  • フランコフォニー(仏語圏)国際機関(OIF)
  • 欧州安全保障協力機構(OSCE)
  • アラブ連盟(LAS)
  • イスラム諸国会議機構(OIC)
  • 石油輸出国機構(OPEC)

第7回ユネスコ・ユースフォーラム

第8回ユネスコ・ユースフォーラム

国連特別行事

国連「国際平和デー」教育プログラム