講演会シリーズ:21世紀の価値観

科学・教育・芸術・経済・外交など、様々な分野で深い洞察力を発揮し、人類の正しい方向性を見据えながら、活動・研究している講師を招き、私たち一人一人が地球生命共同体の一員として、21世紀に真に調和した世界を築いていくために必要な価値観や意識、生き方について共に考えていく講座です。3か月に一度開催しております。

次回は、2019年3月を予定しています。

第53回講演会

日時

2018年921日(金)18:3020:00(開場18:00※終了しました。

講師

鬼丸昌也(おにまる まさや)

認定NPO法人 テラ・ルネッサンス理事・創設者

テーマ

国際支援の現場から学んだ、ひと・チーム・世界の変え方

会場

いきいきプラザ一番町 カスケードホール (東京都千代田区一番町12 B1階)
交通アクセス・地図
東京メトロ有楽町線「麹町駅」5・6番出口 徒歩5分、半蔵門線「半蔵門駅」5番出口 徒歩5分

講演概要

カンボジアの地雷除去現場を訪れて、「自分に何ができるのか」という問いかけから、地雷問題を伝える講演を日本国内で開始したのが大学4年生でした。そこから17年、地雷除去支援から、地雷被害者や元子ども兵と言った、紛争で傷ついた人々の自立支援へと活動を広げていく中で、「支援とは何か」「人やチーム、地域が自立するとは何か」を、支援の受け手の皆さんから学んできました。

彼らの国の問題は、先進国の私たちの生活とも深く関わっています。その彼ら彼女たちから教えてもらった「大切なこと」を、お伝えしたいと思います。

鬼丸昌也

プロフィール

1979年福岡県生まれ。立命館大学法学部卒。高校在学中にアリヤラトネ博士(サルボダヤ運動創始者/スリランカ)と出会い、「すべての人に未来をつくりだす能力がある」と教えられる。2001年初めてカンボジアを訪れ、地雷被害の現状を知り、「すべての活動はまず『伝える』ことから」と講演活動を始める。同年10月、大学在学中に「全ての生命が安心して生活できる社会の実現」を目指す「テラ・ルネッサンス」設立。2002()日本青年会議所人間力大賞受賞。地雷、子ども兵や平和問題を伝える講演活動は、学校、企業、行政など年100回以上。遠い国の話を身近に感じさせ、一人ひとりに未来をつくる能力があると訴えかける講演に共感が広がっている。

参加費

一般 2500円 / 賛助会員 1500円 / 学生 1500円
※ 学生の方は、当日、学生証をご提示ください。
※ お席は自由席となります。

お申込み方法

Eメール、FAX、ハガキのいずれかに、下記(1)~(5)をご明記の上、お申込みください。後日、入場券と振込用紙をお送りいたしますので、郵便局より参加費をお振込みください。
(1)氏名 (2)住所 (3)電話番号 (4)Eメールアドレス (5)参加人数(例:一般1名、賛助会員1名)

お申込み締切

2018年914日(金)必着 先着順(定員198名) ※終了しました。

※ 満席の場合にはこちらからご連絡を差し上げます。
※ 締切日以降も残席がある場合がございます。残席状況は、メールまたはお電話(TEL: 03-3265-2071)でお問い合わせください。
※ お申込みの際の個人情報は厳重に管理し、当法人のご案内の送付以外には利用いたしません。

お申込み先

公益財団法人 五井平和財団「921日講演会」係
〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5 平和第1ビル
koenkai@goipeace.or.jp FAX: 03-3239-0919

これまでの講演会一覧