講演会シリーズ:21世紀の価値観

科学・教育・芸術・経済・外交など、様々な分野で深い洞察力を発揮し、人類の正しい方向性を見据えながら、活動・研究している講師を招き、私たち一人一人が地球生命共同体の一員として、21世紀に真に調和した世界を築いていくために必要な価値観や意識、生き方について共に考えていく講座です。3か月に一度開催しております。

次回は、2019年6月に開催される予定です。

第54回講演会

日時

2019年3月1日(金)18:30~20:00(開場18:00) ※終了しました。

講師

舩橋 真俊(ふなばしまさとし)

物理学博士、ソニーコンピュータサイエンス研究所リサーチャー

テーマ

協生農法ー食糧生産の革新に基づく、健康と平和の創出に向けて

会場

いきいきプラザ一番町 カスケードホール (東京都千代田区一番町12 B1階)
交通アクセス・地図
東京メトロ有楽町線「麹町駅」5・6番出口 徒歩5分、半蔵門線「半蔵門駅」5番出口 徒歩5分

講演概要

これまでの1万年以上にわたる農業の歴史は、常に生物多様性と生産性がトレードオフを成しており、文明が大規模に発展する度に周囲の自然環境を破壊し、最終的にその文明自体が滅びるということを繰り返してきました。科学技術に基づく現代文明もその例外ではなく、むしろそのグローバルな環境負荷はこれまでで最大です。

協生農法は、今世紀半ばにかけて最も顕著になる人口増加と資源欠乏に対して、食糧生産を利用した新しい形の生態系を作り、人の手でより高い生物多様性を実現することで持続可能な社会・生態系を構築する手法です。協生農法の研究と普及を通じて達成してきた生産性の向上や生物多様性・健康の回復、砂漠の緑化という成果を通じて、次世代の生命科学の在り方と平和構築についてわかってきたことをお伝えします。

プロフィール

1979年生まれ。フランスのEcole Polytechnique(エコール ポリテクニーク)大学院卒、物理学博士(Ph.D)。獣医師免許資格保持。2010年ソニーコンピュータサイエンス研究所リサーチャー。生命活動に関わる諸要素のうち、野生状態と飼育環境による差異に注目し、実験室系を超えた自然状態での生命科学を志す。サステイナビリティ、環境問題、健康問題の交差点となる農業をはじめとする食糧生産において、生物多様性に基づく協生農法(Synecoculture/シネコカルチャー)を学術的に構築。人間社会と生態系の多様性の双方向的な回復と発展を目指す。

参加費

一般 2500円 / 賛助会員 1500円 / 学生 1500円
※ 学生の方は、当日、学生証をご提示ください。
※ お席は自由席となります。

お申込み方法

Eメール、FAX、ハガキのいずれかに、下記(1)~(5)をご明記の上、お申込みください。後日、入場券と振込用紙をお送りいたしますので、郵便局より参加費をお振込みください。
(1)氏名 (2)住所 (3)電話番号 (4)Eメールアドレス (5)参加人数(例:一般1名、賛助会員1名)

お申込み締切

2019年222日(金)必着 先着順(定員198名) ※終了しました。

※ 満席の場合にはこちらからご連絡を差し上げます。
※ 締切日以降も残席がある場合がございます。残席状況は、メールまたはお電話(TEL: 03-3265-2071)でお問い合わせください。
※ お申込みの際の個人情報は厳重に管理し、当法人のご案内の送付以外には利用いたしません。

お申込み先

公益財団法人 五井平和財団「31日講演会」係
〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5 平和第1ビル
koenkai@goipeace.or.jp FAX: 03-3239-0919

これまでの講演会一覧