2020年度「五井平和賞」受賞者

Jacques-Attali

ジャック・アタリ

経済学者、思想家、作家(フランス)

「五井平和賞」は、2000年の創設以来、教育・科学・文化・芸術など、様々な分野において、地球と人類の未来に真の平和と調和をもたらす上で、顕著な功績があり、「生命憲章」の理念原則と同じ方向性を持つ個人や団体を顕彰している国際的な賞です。

2020年度の五井平和賞は、地球の生態系から次世代の利益までも包括する利他の精神に則った「ポジティブ経済」を提唱し、持続可能な世界に向けた変革を推進してきたジャック・アタリ氏に決定しました。

授賞式については、決まり次第、お知らせいたします。

授賞理由

「ヨーロッパ最高の知性」と称される経済学者ジャック・アタリ氏は、フランスおよび欧州全体の政治・経済に影響を与える重要な役割を果たす一方、自らNGOを設立し、貧困問題の解決と持続可能な開発に取り組んできました。

また、卓越した長期的視野と深い洞察から、グローバル化する世界に起こりうる危機を予測、警鐘を鳴らすと共に、現代を席巻する利己主義や貪欲から、他者への共感、寛容など、利他的価値観への転換と、あらゆる生命の幸せと次世代の利益に資する「ポジティブ経済」を推進してきました。

各国が利己主義を超えて連帯、協力し合う新たな世界秩序を提唱し、そのためには個人の意識の変容が必要であり、未来は明るい方向へ変えられるという確信と希望を人々に与え続けてきました。こうした社会変革への貢献が認められました。

プロフィール

ジャック・アタリ

経済学者・思想家・作家。1943年アルジェリア生まれのフランス人。エコール・ポリテクニークおよびフランス国立行政学院(ENA)卒業。81~90年までミッテラン仏大統領補佐官を務めて以来、歴代フランス大統領のアドバイザーを務める。91~93年欧州復興開発銀行の初代総裁を務める。98年低所得層・貧困層向けにマイクロファイナンスを提供するNGO「ポジティブ・プラネット」を設立。現在、中東、アフリカなど20カ国以上で、1100万人の小規模個人事業主を財政的・技術的に支援している。研究・執筆は、科学技術、経済、思想、地政学、価値観など、未来に関する多様の分野に及び、世界的ベストセラー『21世紀の歴史』ほか80冊以上の著書が22カ国語に翻訳されている。世界各地のオーケストラで指揮者を務めたこともある。