【開催のお知らせ】8.8本当の平和ってなんだろう ~映画『純愛』上映と対話会~

「平和」について、誰かと話したのはいつですか?

映画「純愛」は、平和への強い願い、命の尊さ、人間の広く深い愛が、第二次大戦後の中国に残された一人の日本人女性の生き方を軸に描かれ、見る者に様々な問いを投げかけてくる作品です。

世界が揺れ動く今、広島・長崎の原爆の日の間で、1週間後に終戦の日を控える88日に、映画を鑑賞し、世代、分野、価値観など、多様な視点によるトークセッションや対話を通じて、「平和」について考えます。

日時

2018年88日(水)13001700(開場1230

会場

国連大学 ウ・タント国際会議場(定員364名) 
東京都渋谷区神宮前5-53-70 3

交通アクセス・地図
東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B2出口から徒歩5分
JR山手線・東急東横線・京王井の頭線「渋谷駅」から徒歩10分

プログラム

  • 映画「純愛/JUN AI」上映
  • 登壇者
    西園寺昌美(五井平和財団会長)、小林桂子(映画「純愛/JUN AI」製作総指揮・脚本・主演)ほか
  • 参加者同士の対話

※プログラムは詳細が決まり次第、随時、更新します。

映画「純愛」

1945年世界大戦直後の中国大陸に残る史実・実話をベースに、人類すべての人々に息づく純粋で混じり気のない無条件の愛を描く。愛と平和のための日中共同製作映画。公開から12年、世界各地の国際映画祭、英国貴族院をはじめとする国際交流の場で上映、誰もが参加できる社会芸術事業へと発展している。
2012年セドナ国際映画祭にて最優秀長編作品賞・文化の架橋賞、2017年ロンドン・ロムフォード映画祭、台湾・アジア国際映画祭にて主演女優賞、最優秀作品賞ほか全7部門受賞。日中韓英の4カ国語字幕プログラム。

製作総指揮・脚本・主演/小林桂子、監督・脚本/蒋欽民、出演/川口恭誉、彭博、張少華、諏訪太朗、特別出演/川津祐介。
映画「純愛」ウェブサイト

参加費

一般 3000円 / 賛助会員 2500円 / 学生 2000円
※学生の方は、当日、学生証をご提示ください。
※お席は自由席となります。
※このイベントでは純愛パスポートはご利用いただけません。

チケット購入方法

事前申込制(会場の都合により当日受付・清算ができないため、必ず事前にお申し込みください)

    • 五井平和財団で購入
      Eメール、FAX、ハガキのいずれかに、下記(1)~(5)をご明記の上、お申込みください。後日、入場券と振込用紙をお送りいたしますので、郵便局より参加費をお振込みください。
      (1)氏名 (2)住所 (3)電話番号 (4)Eメールアドレス (5)参加人数(例:一般1名、賛助会員1名)

      公益財団法人 五井平和財団「映画上映と対話会」係
      〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5 平和第1ビル
      E-mail: 88peace@goipeace.or.jp FAX: 03-3239-0919

※満席の場合は、こちらからご連絡を差し上げます。
※締切日以降の残席状況は、事務局へお問い合わせください。
※お申込みの際の個人情報は厳重に管理し、当法人のご案内の送付以外の目的には利用いたしません。

チケット申込締切

  • Peatixの場合 8月6日(月)
  • 五井平和財団の場合 8月1日(水)

主催・共催

  • 主催:公益財団法人 五井平和財団
  • 共催:NPO法人 純愛国際平和基金、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所