ニュース・イベント

2017年度国際ユース作文コンテスト受賞者発表

2017年度国際ユース作文コンテストには、155カ国から合計15,441作品(子どもの部4,938作品、若者の部10,503作品)が寄せられました。多数のご応募、ありがとうございました。

2017年度「五井平和賞」ケニー・オースベル、ニナ・サイモンズ夫妻が受賞

2017年度の「五井平和賞」は、サステナビリティ・ムーブメントの先駆者でアメリカ最大級の環境会議を主催する「バイオニアーズ(Bioneers)」の共同創設者、ケニー・オースベル、ニナ・サイモンズ夫妻に決定しました。

機関誌『平和の創造』73号が発行されました

五井平和財団機関誌『平和の創造』73号が発行されました。 11月25日(土)の年次フォーラム「自然の叡智」を1か月後に控えた本号では、自然の偉大な仕組みなどを知ることができるキーワード、9月に4日間に亘って開催された「E…

機関誌『平和の創造』72号が発行されました

五井平和財団機関誌『平和の創造』72号が発売中です。 特集は、5月に東京で開催した、富士宣言シンポジウム「調和とバランスのとれた世界を共創する」。多様な分野で活躍する28名のパネリストが国内外から集い、現代の諸問題の根底…

2017年度ピースパル国際アートコンテスト応募要項

姉妹団体ワールド・ピース・プレヤー・ソサエティが主催するアートコンテストです。今年は、「みんなの自然 ~地球を愛そう!~」をテーマに子どもたちの絵を募集します。(対象年齢:5-16歳)

機関誌『平和の創造』71号が発行されました

五井平和財団機関誌『平和の創造』71号ができ上がりました。 イタリアの被災地で始まった地球っ子広場や、ESD日本ユース・プラットフォーム会合、カナダでのユネスコ国際会議に参加したレポートなど、充実した教育ページに加え、様…

【開催報告】平成28年度 地球っ子広場研修会

3月11日(土)、静岡県富士市において地球っ子広場研修会を開催し、全国から集まった地球っ子広場のボランティア、オブザーバーら22名と、社会問題であり、深刻さが加速するいじめをテーマに話し合いました。

21世紀の教育の在り方を考えるユネスコ国際会議で財団の教育事業を紹介

2017年3月6日~10日にかけて、カナダの首都オタワにおいて「UNESCO Week for Peace and Sustainable Development: The Role of Education(平和と持続…

2017年度ユース・シチズン・アントレプレナーシップ・コンペティション 募集開始(英語)

今年も 15歳から35歳の若者を対象に、世界の様々な課題を解決するための革新的なアイデアや取り組みを募集します。本コンペティションは、ユネスコの持続可能な開発のための教育(ESD)に関するグローバル・アクション・プログラムを推進する事業です。

2017年度 群馬県立女子大学との連携講座「国際理解と平和~大使リレー講座~」が開講

本年度の「国際理解と平和~大使リレー講座」が、5月9日より開講します。台湾の元首相の他、カザフスタン、コロンビア、パナマ、ドイツ、ルワンダ、カンボジアの駐日大使、日本政府代表の河野雅治氏、元国連大使の吉川元偉氏ら、多彩な顔ぶれの講師が登壇される予定です。一般の方の聴講も可能です。