ニュース・イベント

機関誌『平和の創造』75号が発行されました

「平和の創造」最新号が発行されました。 近年、急速な進化を遂げ、身近で活用されているAI(人工知能)について、各界の重鎮の見解を綴った特集「AI(人工知能)についてどう思いますか」ほか、イタリア中部大地震で被災した子ども…

2018年度ユース・シチズン・アントレプレナーシップ・コンペティション 募集開始(英語)

今年も 15歳から35歳の若者を対象に、世界の様々な課題を解決するための革新的なアイデアや取り組みを募集します。本コンペティションは、ユネスコの持続可能な開発のための教育(ESD)に関するグローバル・アクション・プログラムを推進する事業です。

2018年度ピースパル国際アートコンテスト作品募集

姉妹団体ワールド・ピース・プレヤー・ソサエティが主催するアートコンテストです。今年は、「平和な生き方」をテーマに子どもたちの絵を募集します。(対象年齢:5-16歳)

「ESDと平和の創造」をテーマに奈良教育大学で講義

2018年1月20日(土)、奈良教育大学の学生企画活動支援事業の一環として開催された「ESD実践勉強会」に、五井平和財団の職員2名が講師として招かれました。  「ESD実践勉強会」は、「ESDと平和の創造」というテーマで…

2018年度国際ユース作文コンテスト応募要項

今年は、『私が起こしたい変化』をテーマに募集します。たくさんのご応募をお待ちしております。

機関誌『平和の創造』74号が発行されました(特集:五井平和財団フォーラム)

昨年11月25日(土)に開催された2017年度五井平和財団フォーラム「自然の叡智」の特集号です。 五井平和賞受賞者のケニー・オースベル、ニナ・サイモンズ夫妻による受賞記念講演「バイオニアーズ:自然と人間の心から起こす革命…

2017年度ユース・シチズン・アントレプレナーシップ・コンペティション 入賞者決定

革新的なアイデアや取り組みによって、世界の様々な問題の解決を目指す、15歳から30歳までの若いアントレプレナー(社会起業家)の発掘・育成をするプロジェクト「ユース・シチズン・アントレプレナーシップ・コンペティション」は3回目を迎えました。

駐日リトアニア大使が愛知産業大学三河高校で交流授業

五井平和財団が実施している「駐日外交官による交流プロジェクト」の一環として、2017年9月29日、愛知産業大学三河高等学校において、生徒、教職員ら約1270名を対象に、ヴィオレタ・ガイザウスカイテ駐日リトアニア共和国臨時…

2017年度ピースパル国際アートコンテスト結果発表

姉妹団体ワールド・ピース・プレヤー・ソサエティが主催するアートコンテストの結果発表です。今年は、「みんなの自然 ~地球を愛そう!~」をテーマに開催され、35カ国から4000点以上の作品の応募がありました。

2017年度五井平和財団フォーラムのビデオをご覧いただけます