新プロジェクト名称決定!ピースフル・プロジェクト

皆様からアイデアを募集した新プロジェクトの名称が「ピースフル・プロジェクト」に決まりました。「ピースフル(Peaceful)」とは、「平和が満ちる」という意味です。ピースフルな世界であるよう、日々の中で平和な行動を重ね、そして周りに広げ、変革へつないでいきましょう。

五井平和財団は、これまでも「生命憲章」や「富士宣言」の理念、フォーラムなどのイベントで、個人の力、一人一人の意識が平和を創造すると述べてきました。 ピースフル・プロジェクトは、これを実証していくために、「生命憲章」や「富士宣言」の理念を日常生活で実践する参加型のプロジェクトです。 皆様と共に、社会を良くする取り組みを集中して行うことで、クリティカルマス(臨界質量)を超えて、社会の主流を平和で調和した持続可能なものへと変革していくことを目指します。自分の小さな行動が社会を変える一歩であることを意識し、是非ご参加ください。

社会の主流を変化させて、持続可能な平和な社会をつくりましょう!

手順

1.考えて行動する
五井平和財団が機関誌やウェブサイト、SNSでお知らせする毎月のテーマについて、自分にできる、自分らしい行動を考え、実行しましょう。
2.周囲を巻き込む
「平和で調和した社会をつくるためのキャンペーンに一緒に参加しませんか」などと、家族や友人、同僚などの周囲に働きかけましょう。
3.情報を共有する
個人やグループで実行したことや共有したアイデアや感想、気づきやご意見を、毎月末までにFAXやEメール、郵送で五井平和財団へお送りください。実践している様子や象徴的な写真も歓迎します。機関誌やウェブサイト、SNSなどで配信しますので、さらに多くの人と共有し、潮流をつくっていきましょう!

  感想の書式をダウンロードする 
オンラインフォームで感想を送る

宛先 〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5 平和第1ビル
五井平和財団「ピースフル・プロジェクト」係
FAX:03-3239-0919 Eメール:info@goipeace.or.jp

テーマ

5月~7月のテーマを実践した皆様から届いた報告には、5月のゴミ削減月間は、「マイ箸・ボトル・バッグの活用で食生活がシンプルに。浮いた時間やエネルギーを他に回せるようになった」、「周囲と真逆のことをするようで躊躇があったが、実践してみると心が豊かになった」、6月の小さな優しさ月間は「テーマを意識していると、困っている人に声をかける人が多いことに気づき、嬉しくなった」など、実践内容や実践前と後の心境の変化などが綴られていました。

8月から10月のテーマの実践内容や感想も、ぜひお寄せください。

8月 フードロス*(食品ロス)削減月間

*生命憲章「大自然への感謝と共生」、SDGs目標12「つくる責任、つかう責任」を実践
家庭や店舗などで無駄に廃棄される食品を減らしましょう。

  • 野菜を買ってきたら早めに下ごしらえをし、冷凍等で保存する
  • 外食先で食べ残したものを持ち帰るか、予め量を減らしてもらう
  • すぐ使う食品は賞味期限が近いものから購入し、店舗の廃棄を減らす など

フードロス:食べ残しや売れ残り、賞味期限切れ食品など、本来は食べることができたはずの食品が廃棄されること。

9月 国際平和デーに参加する月間

*平和の創造、SDGs目標16「平和と公正をすべての人に」を実践
世界の平和を自分事として捉え、周りの人々と協力してできることから行動していきましょう。

  • 国際平和デー(9月21日)にちなんだイベントに周囲の人を誘って参加する
  • May Peace Prevail On Earth Internationalのフラッグセレモニーを企画する など

10月 いいニュースお茶会月間

*平和の創造、良い事例・明るいニュースの共有と拡散を実践
自分自身や周りの人の長所・美徳を見つけて、伝えましょう。自分が発する情報が周囲や社会にどのように影響を与えるかを意識し、社会に広まってほしい良いニュース、事例を共有・拡散しましょう。

  • 1カ月間、良いニュース、感動したこと、嬉しかったことを意識して探して書き留め、美味しいお茶やコーヒーをお供に、周囲と共有して広める
  • 「講演会シリーズ:21世紀の価値観」の講演録を読み、日常生活にどのように生かせるか、家族や友人と話し合う など