ニュース・イベント

2022年度「五井平和賞」サティシュ・クマール氏 受賞記念講演

 

2022年度ピースパル国際アートコンテスト結果発表

五井平和財団と姉妹団体 May Peace Prevail On Earth International が主催するアートコンテストの結果発表です。25周年記念となる本年は「May Peace Prevail on Earth」をテーマに行われ、世界77カ国より4,540作品の応募がありました。

2022年度「五井平和賞」サティシュ・クマール氏が受賞

2022年度の五井平和賞は、シンプルで持続可能な生き方を提唱する世界的なエコロジー思想家・活動家のサティシュ・クマール氏に決定しました。

2022年度国際ユース作文コンテスト受賞者発表

2022年度国際ユース作文コンテストは、「いのちって何?」というテーマで実施され、世界152ヵ国から合計19,986作品(子どもの部6,507作品、若者の部13,479作品)が寄せられました。多数のご応募、ありがとうございました。

2022年度ピースパル国際アートコンテスト作品募集

姉妹団体 May Peace Prevail On Earth Internationalが主催するアートコンテストです。今年は、「May Peace Prevail on Earth /世界人類が平和でありますように」をテーマに子どもたちの絵を募集します。(対象年齢:5-16歳)

都内の高校生がインドの多様性を外交官から学ぶ

2022年5月28日(土)、東京の中央大学附属高等学校3年生の選択科目「グローバル・プロジェクト」の一環で、インド大使館のスマン・カンソティヤ一等書記官(政治部)と生徒50人の交流授業を企画・実施しました。インドの伝統的…

マダガスカルの外交官が仙台で交流授業

2022年3月11日(金)、仙台市立仙台青陵中等教育学校4年生(高校1年生)約130人とマダガスカル共和国大使館のハリス・ヴェロニク・トゥトゥザフィ文化経済参事官との交流授業を企画・実施しました。 トゥトゥザフィ氏は、同…

「平和に関する世界の若者の意識調査」を実施 ~149ヵ国の若者が回答~

公益財団法人 五井平和財団では、世界規模で、20年以上にわたって毎年実施してきた国際ユース作文コンテストの参加者の多様性に着目し、世界の若者たちの平和についての現状認識や問題意識、平和に貢献するために取り組みたいことなど…

2022年度国際ユース作文コンテスト応募要項

今年は「わたしの価値観」をテーマに募集します。たくさんのご応募をお待ちしております。

西園寺昌美会長がユーロナレッジ・リーダーシップ平和賞を受賞

五井平和財団会長 西園寺昌美が、姉妹団体のMay Peace Prevail On Earth Internationalの代表として、2022年ユーロナレッジ・リーダーシップ賞を受賞しました。 この賞は、英国のコンサル…